ソープなどで使うコンドームについて

風俗店の中にはデリヘルやソープなどサービスを行う際にコンドームを付けて行う業種もある。ただこれをどのように使うかは業種・お店・女の子そしてお客によって異なってくるということだ。ソープで遊ぶ人はここで書いてあることも頭に入れておくと良いだろう。

まずコンドームを使用する頻度が高い業種はソープ。本番行為を行う風俗店であるためコンドームを付けてそのサービスを行う。その目的はもちろん秘所の中で出されないことだが、それ以上に性病を防止するという目的が大きいようだ。そのためソープ嬢は他の風俗業種に比べてこまめに性病検査を行っている。そこで性病が見つかってしまうと働くことができなくなるため、多くのソープ嬢は慎重にこれに対する対応をしていると言えるのではないか。ただお店の中にはコンドームを使わない本番行為を行っているところもあり、さらなる快感を求める人はこのようなお店を利用しているというケースもあるという。それにもし間違ってこういったお店に足を踏み入れてしまった場合は、女の子に「ゴムを使いたい」と告げればコンドームを使ったプレイということになる。そういった事情もあるが女の子によってはゴムなしで本番行為を行える場合もあるという。それは女の子の好みにあったお客・何度も来ている常連客などに対して行う場合があり、中には追加料金をもらうことによって対応するという人もいると言われている。

またコンドームを使用するのは本番行為のあるソープだけではない。デリヘルでもコンドームを使用することがあるが、これはゴムを付けずにフェラを行う生フェラとは対照的にゴムを付けて行うゴムフェラのときに使われる。お店や女の子によっては基本サービスとしてゴムフェラが行われているが、ときには女の子がお客を見てゴムを付けることもある。それは真性包茎などでアソコが汚いと判断したお客に対してゴムを使用する。ただ単に汚いから直に触りたくないという気持ちもあるが、衛生管理の観点から考えるとこのようなときはゴムを使ったサービスということになるようだ。またフェラは生で行うが素股を行う際にゴムを付けるという女の子もいる。それは衛生管理的な観点もあるが、間違って挿入されてしまった場合に被害を最小限に食い止めようという考えもあるだろう。しかし本来本番は禁止であるデリヘルであるが、ソープのゴムなしと同じように本番行為をさせてくれる女の子も存在するという。デリヘル嬢の中にはそのときのためにゴムを持っているという人もいるようだ