吉原ソープ店のランクについて

風俗には様々な種類がありますが、その中でも最も気品あるのがソープだと言われています。
諸説は色々ありますが、相場的にも一番高額で敷居が高い印象がありますよね。
男なら誰でもピンサロやファッションヘルスくらいは利用したことがあるでしょう。
ところが、ソープランドを経験している人はよほどの風俗好きでないといないはずです。
また、ソープ特有のマットを活用したプレイは好き嫌いがありますからね。
そこで、ここではまだソープを一度も利用したことがない方に向けてその概要を紹介していきたいと思います。

そもそもソープで遊ぶならどこへ行くべきなのか?
都内なら間違いなく吉原へ行くべきでしょう。
歌舞伎町や池袋、その他マイナーなエリアにもソープは存在しますが、吉原のソープには敵いません。
その理由はまず圧倒的な店舗数!
少なく見積もっても100店舗はくだらないでしょう。
その他のエリアなら、せいぜい10店舗くらいのはず。
駅からのアクセスが悪く、吉原はソープ以外何も賑わっていない街ですが、平日週末を問わず、たくさんの人が足繁く通う利用はそこにあるのかもしれません。

吉原に訪れた方ならご存知だと思いますが、独特の空気感がありますよね。
怪しいキャッチが多く、積極的にお店へと勧誘してきます。
また、夜になるとギラギラとしたネオンが輝き、卑猥な雰囲気を醸し出します。
最初は抵抗がある方でも、しばらく吉原の街を徘徊するとその特別な空間の病みつきになる方もいるはずです。

吉原のソープで遊ぶにあたって、重要なのは店選びです。
ソープは大衆店(激安店)、中級店、高級店の3つに分類されます。
どのランクのお店にするかによって、料金は大きく異なります。
また、注意が必要なのは料金設定です。
ソープの料金は、入浴料とサービス料(チャージ料)の二つからなります。
お店の看板などに料金が記載されていますが、それが必ずしも総額とは限りません。
ちゃんとインターネットで情報サイトを見て確認する、もしくはお店のスタッフに総額をする必要があるでしょう。

遊びたいお店に目星を付け、料金を確認、その次に重要なのは何か?
女の子です。
ソープ界では、働く女性のことを泡姫と呼びますが、どの泡姫を選ぶかによって満足度は大きく変わってくるでしょう。
たとえ高級店でも、泡姫のクオリティはピンキリです。
お店・料金・泡姫、この3つをしっかりと吟味した上で、後悔のない吉原ソープランド遊びを実現しましょう。