吉原ソープのシステム

○ソープ街吉原の送迎サービス

日本でも屈指のソープ街「吉原」という名前を聞いたことがあっても 具体的にどこにあるのか分からない人は多いだろう。東京都台東区千束。この界隈が多くのソープランドが軒を連ねる吉原だ。しかし歓楽街といった賑やかな場所ではなく、浅草の裏通りにひっそり、その地域に溶け込んでいるように存在している。 JR鶯谷駅、地下鉄三ノ輪駅など使える路線は多いが、徒歩10~25分ほどと遠くまた上記の理由から、その界隈を見つけるのは難しい。つまり、首都圏にある他の風俗街と違い、「店を見つける」という部分で障害があるのだ。ただ、だからと言って諦めるのはもったいない。店に連絡して、車で店まで送迎をしてもらえば良いのだ。送迎場所はJRだと上野・日暮里・鶯谷駅地下鉄だと入谷・浅草・三ノ輪など様々。しかし、店によって違うので前もって電話確認を行っておこう。 吉原のソープ店の中にはそれぞれ送迎の範囲があるため、範囲外の駅への送迎を頼むことはやめた方がいいと言える。そんな送迎の料金は無料。「風俗の王様」と言われるソープランド。送迎車で移動というところからも、自分がまるで王様になったかのような気分に浸ってみても良いのではないか。それもソープ街吉原ならではのサービスと言えるかもしれないだろう。

○ソープ街吉原における女の子の取り分

吉原のソープランドで遊んでいると、ふと目の前にいる女の子が 今のプレイでどれだけお金をもらえるのか気になることがある。正直それは店によってまちまちであると思うが、一例として いくつかのソープランドの料金を記載しようと思う。参考までに見てもらえればありがたい。 まず格安店と言われている店では、60分1万6千~9千円という料金の中で女の子には1万2千円ほど支払われるようだ。さらに2回目以降のお客が指名で入った場合、さらに千円追加される。そして中級店では90分35,500円の中で、女の子には2万円ほど支払われる。2回目以降の指名では3~5千円上乗せされるようだ。しかし雑費として2本以上は客数により5千~1万円ほど引かれる。高級店だと120分6万5千円の中で、入浴料を引いた4万円前後となりそこから雑費として2本以上は1万2千円ほど引かれる。上記を見てみると、高級店ほど給与が良い反面マイナスも大きくなるので女の子としても必ずしも高い店で稼げるわけではないようだ。おもてなしが大切というソープ街吉原では女の子はしっかりと対応してくれることがほとんどだが、そのような女の子の心の中も考えて楽しんでみるのも良いかもしれない。

利用するときにこのようなことを頭に入れておくことで、吉原ソープをさらに楽しむことができるだろう。