川崎ソープ「ラヴィジュール」感想

関東首都圏では東京の吉原に次ぐほどの有名なソープ街である川崎。1万円前後で利用できる格安店から6万円以上の高級店まで幅広く存在し、新旧入り乱れているため様々なタイプのお店を利用することができます。全国的にも有名な吉原には少し劣るかもしれませんが、色々なニーズに対応している川崎ソープを利用する風俗ユーザーも少なくないようです。このように選択できる楽しみのある川崎のソープにおいておすすめは総額2万5千前後の「ラビジュール」。ここでは川崎ソープの「ラビジュール」がどのように魅力的なのかについて書いていこうと思います。

容姿レベルの高い女の子も多くコスパが良い

「ラビジュール」の価格設定は60ほどで総額2万5千円程度というものになります。川崎ソープの格安店はこの価格設定よりもさらに割安となりますが、その分女性の質は全体的に低いです。また高級店であれば女性の質は高くなりますが、価格が高いため一般の風俗ユーザーが気軽に利用するのは難しいと言えます。川崎ソープ「ラビジュール」はこれらの真ん中に位置しますが、容姿レベルの高い女性と比較的リーズナブルな価格で遊ぶことができるのも魅力です。

「外れ」「地雷」の割合がそこまで高くない

川崎ソープに関わらず風俗を利用する人が避けたいと思っているのが、「外れ」「地雷」と呼べる風俗嬢。これはその人の好みなどによっても変わってきますが、一般的に「容姿が残念」「接客態度が悪い」「変な臭いがするなど不潔」といった要素のある女性となります。川崎ソープなど風俗店を利用する人は、ある程度の金額を使って女の子と遊ぶためできるだけそれに見合った女性と遊びたいと思うでしょう。そこで上記のような女性が出てくると「損をした」気分になり風俗を楽しむのが難しくなります。ただこのような女性の割合は格安店などに多く、川崎ソープの「ラビジュール」では比較的少ないようです。

比較的サービスや接客がしっかりしている

ソープは風俗業種の中でも比較的歴史があり「風俗の王様」と言われています。そのためソープを特別視し普段は利用しないという人や、その分ハードルを上げて女性の接客やサービスを見るという人も少なくありません。格安店などの中には若い女性がアルバイト感覚で在籍しているお店もありますが、「ラビジュール」であればサービスや接客についてしっかり教育がなされています。そのためサービスや接客を重要視する人にはオススメです。